国松 希根太

1977年、札幌市生まれ。多摩美術大学美術学部彫刻科を卒業後、2002年より白老町にある飛生アートコミュニティーを拠 点に制作活動を行なう。

近年は、地平線や水平線、山脈といった風景の中に存在する輪郭(境界)を題材に彫刻や絵画、インス タレーションなどの作品を制作している。主に個展、グループ展などで作品を発表し、スパイラルガーデン(東京)での個展”material”や、サヴォア邸(ポワシー)でのグループ展 “* folding cosmos VILLA SAVOYE”など、国内外で発表活動を続け ている。また、飛生アートコミュニティーの活動として、アート関連のイベントや展覧会の企画にも多数関わる。

ステートメント 

地平線や水平線といった境界に線は存在しませんが、人間が本能的に目が向く興味深い対象です。過去の記憶が作品と重な り合うことにより、観る人それぞれの風景がそこに生まれます。その瞬間こそが作品の完成であり、自分が提示できるのはその きっかけとなる形であって、完成された一つの答えではないと思っています。